妊娠がきっかけでキャリアを中断せざるを得なくなった話

わたしは今の主人と知り合って、しばらく付き合ってからプロポーズされて結婚することになりました。

主人はわたしに子供を産んで育てることを望んでいましたが、わたしはキャリアを中断させることが嫌だったので、子供は後にしたいと思っていました。
つまり、わたしたちの間には子供に関して意見の齟齬があったわけです。
それでも、わたしたちはふたり、それなりに仲良く暮らしていましたし、わたしは主人には愛情を抱いていました。

ただ、子供に関することだけが、わたしたちの間でのただひとつの問題点でした。小さな問題ではあったかもしれません。

しかし、それを放置するべきではなかった、よくよく話し合っておくべきだったのだと、いまになって思います。

主人はそういう意見でしたから、当然、というべきか、避妊には消極的でした。避妊具すらつけたがらなかったのです。わたしはそんな主人を説得して、避妊具を使用させていました。絶対に妊娠したくないと思っていたからです。

でも、ある時、ちょっとした油断と、たぶん、酒の影響から、情熱のうながすままに、主人と避妊具なしの性行為をしてしまいました。これが、何と、大当たり。わたしは妊娠してしまったのです。さすがに堕胎する気にはなれませんでしたから、泣く泣く仕事をあきらめて出産しました。

筋違いかもしれませんが、わたしはこのことでいまでも少し主人のことを恨んでいます。そして、主人があえて狙ってわたしに子供を作らせたのではないかという疑いが消えません。

こんなことを思うわたしは間違えているでしょうか。生まれた子供に対してはもちろん愛情を抱いていますが、なくしてしまったキャリアが惜しいです。
せっかく一流大学まで出たというのに、こんなことでキャリアを挫折させてしまうことになるなんて、くやしくてたまりません。そういうことで、夫婦関係も少しだけぎくしゃくしているようです。

わたしが悪かったのでしょうか。今も悩める日々です。

 

(30代女性・主婦)